SIDI2019

SIDIの新型ハイエンドの”WIRE2″と従来のハイエンド”SHOT”を履き比べ。

価格とカラバリではSHOTが上。

WIRE2の存在意義は小さなサイズにSHOTが対応できない為。

SHOTでは40サイズより小さな物は作れない。

シュータン上に配されたタブルテクノプッシュのダイヤルがサイズに制限をもたらしてしまっているからとの事。

実際に女子の選手はWIREユーザーが多いそう。

実際に履いてみた。

全体的に包み込むようなしなやかな履き心地。

長距離を走るロードレースやブルベではSHOTのこの優しさが活きるでしょう。

足首側にキツい締め付けも無いので、そう言ったシューズが苦手な方にもSHOTがおススメ。

てんちょ〜も愛用してます^ ^

WIRE2。

実は前作のWIREでは横幅が狭くて履けなかったてんちょ〜。

2になってから、なんとビックリ!

アッパーのサイズ感がSHOTに非常に近くなってました!

足首とつま先側に分かれたクロージャーにより、スプリントやヒルクライムなどのような刹那的にロードに乗り出力を出す乗り方の方にはWIRE2の方がオススメかも知れません。

重量も若干ですがWIRE2の方が軽いです。

ちなみに、

難解なWIRE2のワイヤーリリースの最適解はこう↑!

のはず笑

てんちょ〜

ABOUTこの記事をかいた人

埼玉県狭山市のスポーツ自転車店「VAX SAYAMA」です。店頭バイクラック2基(ワイヤーキー貸出あり)・離れに駐車場3台あります^^是非お気軽にお越しください♪持ち込み整備・機材取付大歓迎です! ☆http://www.vaxsayama.com