当時を想う……

お客様からのお持ち込み。

GHISALLO、深谷産業(現フカヤ)のPBフレーム。

Columbus Zonalを素体としたお手頃価格だったと記憶。

Columbus Zonalパイプ+カーボンバックが機敏さとしなやかさを併せ持つ

「懐かしいなぁ」と思いながら、年式に似合わずとてもきれいな状態の本フレームにコンポを組み付け、ヘッドパーツを交換していった。

シートステーにカーボンパイプを使用して、アルミフレームの機敏さとカーボンの振動吸収性の両立を目的としたバイクが流行った

かつては大手のフレームメーカーが挙ってカーボンバックフレームを販売。

今ではツールの優勝常連のあのブランドが確か言い出しっぺだったと思う。

中にはチェーンステーもカーボンにしたWカーボンバックなんてのもあった。(たわみ過ぎて進まなかったw)

当時を想い、仕上げの試走。

「ホイールやタイヤを合わせればよく進むじゃん」と、今でも色褪せない乗り味を、わずかな時間堪能した。

てんちょ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

埼玉県狭山市のスポーツ自転車店「VAX SAYAMA」です。店頭バイクラック2基(ワイヤーキー貸出あり)・離れに駐車場3台あります^^是非お気軽にお越しください♪持ち込み整備・機材取付大歓迎です! ☆http://www.vaxsayama.com