高校生レーサー、大関選手の行田クリテリウム第2戦のレポートが届きました!

【レースレポート:大関選手】
高校生レーサー、大関選手の行田クリテリウム第2戦のレポートが届きました!
前回と同じく狭山工業高校のジャージで参戦です。

【行田クリテ 第2戦】
クラス…ジュニア上級
距離…21.6(2.7km×8周回)
結果…6位

アップは試走を2周、3本ローラーを20分ほどで済ませた。
直前の準備としてスタート30分前にATHLETUNEのENERGAIN、1分前にPOCKETENERGYを飲んで準備OK!!

スタートはバイク先導によるローリングスタート形式。
前回はローリングスタートから殺気立ち、ペースも早かったが、今回はそれに比べ大分穏やかな立ち上がり。
風も前回よりは弱く、レーススピードが速くなりそうな予感……。
そして、バイクのクラクションも鳴りいよいよアクチュアルスタート!!

ここからは前回と相変わらずのアタック合戦に!
今回はしっかりと周りのアタックに落ち着いて対応できた。
レースが進み、残り4周の頃だっただろうか?
ホームストレートで良いポジションに付けていたのでポイントを狙ってアタック!
後ろは付いて来ず周回ポイントを1ポイントゲット(^^)v
さらにレースは進み残り2周。
自分は集団の先頭の方に居た。
ホンダの選手が逃げようとしていたのですかさず反応しそれに乗る。
予想はしていたが、当然のごとく吸収される。
そしてラスト1周。
ポジションはとても良い!はずがホームストレートでドバッと抜かれる!!!!
これはマズイ!
集団の密度がドンドン高くなっている!
バキッ!って音も聞こえてくる(゚o゚;;
これはさらにマズイ!!!
早く前に脱出しなければ……!
いつもより強引にこじ開けを試みるが、意外とイケる( ̄O ̄;)
むしろいつもこんな感じで抜かれていた気がする……(ーー;)
前が開き、もがき倒す!
6位で前回よりも上位に。

今回は集団でのポジションアップのやり方を少し学んだ気がする。
スプリントも少しずつ距離が伸びるようになってきた。
だが、もっとスプリントの距離と爆発力がないといけないだろう。
後は地脚をもっと強化しなければならない。

平均ケイデンス:91
平均速度:39.73
最高速度:55.9
タイム:32’37″520
(トップ差+0’01″940)

15965930_1289217761152441_8353359580077708172_n 15977249_1289217757819108_5905057226462168693_n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

埼玉県狭山市のスポーツ自転車店「VAX SAYAMA」です。店頭バイクラック2基(ワイヤーキー貸出あり)・離れに駐車場3台あります^^是非お気軽にお越しください♪持ち込み整備・機材取付大歓迎です! ☆http://www.vaxsayama.com